BLOG ブログ

  • ホーム
  • ブログ
  • 「人」と「人」をつなぐ
    WEBを使ったオンラインコミュニケーション
「人」と「人」をつなぐ<br>WEBを使ったオンラインコミュニケーション

IT構築
「人」と「人」をつなぐ
WEBを使ったオンラインコミュニケーション

オンライン化時代の「人」と「人」をつなぐ有効手段

スマートフォンやタブレット端末、クラウドなどICT(情報通信技術)の急速な発展に加え、新型コロナウイルスの感染拡大も背景に、今私たちの生活様式や働き方は急激に変わってきています。
ビジネスにおいてもテレワークやリモートワークなど、オンライン化によって「どこでも働ける=柔軟な働き方」ができる環境づくりがどんどんと進み、企業の中でも生産性の向上が第一にうたわれるようになってきました。反面、リアルに人と会う機会が減ってコミュニケーション不足に対する不安の声も少なくありません。
そこで、弘法でも実践している、これからの時代に必要な「人」と「人」をつなぐ有効手段をご紹介します。

 

オンラインコミュニケーションの2大目的

1.コミュニケーション量を増やす

人と人のコミュニケーションをWEBを使ってオンライン化することで、コミュニケーション量を増やすことができます。
対面のコミュニケーションも重要ですが、新たなオンラインコミュニケーションの導入することは、人と人をつなぐ手段となります。

2.生産性の向上

一つの場所に集まって対面コミュニケーションで行っていたことをオンライン化することで、参加者個々の移動時間やコストの無駄の削減され、コストダウンにつながっています。
さらに、会議・ミーティングや研修会なども行いやすくなります。

 

弘法がオンライン化を実現したコミュニケーション

手間はかかってもメリットは大きい

弘法では、数年前より順次、社内でこれまで人が集まって行っていたことをWEBを使ったオンライン化を進めてきており、これまでに会議・ミーティング、研修会、セミナー、採用説明会、商談、社内コミュニケーションの、6つのコミュニケーションのオンラン化を実現しました!
手間はかかりますが、それぞれの場面で大きなメリットを生み出しています。

 

弘法実践!6つのオンラインコミュニケーション